2020年04月10日

ちょーおすすめ韓国ドラマ!

그 남자의 기억법 いい!面白い!!
キュンって感じ!!是非みて!笑。
おすすめ!!!


posted by fuyune at 20:13 | Comment(0) | 韓国ドラマ | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

天気がよければ会いにゆきます 3話 和訳

날씨가 좋으면 찾아가겠어요 3회  翻訳 意訳

【キャスト】
パクミニョン/モクへウォン、ソカンジュン/イムウンソプ、ムンジョンヒ/シムミョンヨ、イジェウク/イジャンウ、イムセミ/キムボヨン、キムファニ/イムフィ



へウォン)おはよう
ウンソプ)早く来たな。
へウォン)うん。朝早く目が覚めたから。
ウンソプ)コーヒー飲むか?
へウォン)うん。ありがとう。ねぇ、本当にお酒飲めないのね。
ウンソプ)あぁ、だろ。
へウォン)1缶ですぐ寝ちゃったわよ。
ウンソプ)寝る前は覚えてんだけどその後が、、思い出せなくて。
へウォン)よく寝てたけど、不眠症とか言ってなかった?
ウンソプ)うん。酒このまま飲もうかな。
へウォン)そうだ、こんな事も言ってたわ。
ウンソプ)どんな事?
へウォン)お前が来て本当に嬉しいよ、アイリーン
ウンソプ)え?
へウォン)お前が来て本当に嬉しいって。
ウンソプ)俺が?
へウォン)そうよ。なんだか切なく呼んでたわね。
ボヨン)元気だった?へウォン。会えて嬉しいわ。ボヨンよ。本当に久しぶりよね。
何も言わずに去るへウォン
ボヨン)へウォン!

[回想]
被告人シムミョンジュに懲役7年の刑を宣告する。被告人は被害者と夫婦関係について誠実に話し合う責任があるにも関わらずそれにそむき、車という手段を利用し被害者を殺害。犯罪手段と被告人と被害者の関係を考慮すると被告人への厳重な処罰は免れない。

[回想 学校]
ボヨン)凄く辛かったよね、、誰にも言わないわ。この秘密。
へウォン)誰にもよ。
ボヨン)うん、誰にも。笑わないで。


B)モクへウォンの母親、殺人者だって。
A.C)え?!
B)旦那を殺したんだって。
C)へウォンのお父さん?本当に?
B)そうよ、だからここに来てるみたい。母親が刑務所に入ったから。
C)誰から聞いたの?

A.C)誰?誰よ?
B)キム、ボヨン
A.C)キムボヨン?どーりで、モクへウォン来るたびいつも沈んだ感じよね。
A)でも2人仲良くなかった?
B)そうよ

ボヨン)へウォン、ちょっと待って!へウォン、私の話を聞いて!全部誤解よ!お願いだから。話そうとしたんじゃなくてジュヒが他の子に、、私が言ったんじゃないってば!
へウォン)離して。
ボヨン)違うのよ、へウォン!
へウォン)離して!!
ボヨン)へウォン!
他の子達)あの子キムボヨン叩いたんだって?殺人犯の娘のくせに。母親が殺人者なの?
怖いわ。過失だろ。罰を受けなきゃ。刑務所行かなきゃ行けないだろ、モクへウォンの母親みたいに。
モクへウォンの目つき嫌。鳥肌たつわよね。ちょっと眉毛しっかり書いて!ラインにそって描かなきゃ。でもさ、今モクへウォンはどんな気分なんだろ。最悪に決まってるじゃない。考えただけでも怖い。退学しないのかな。学校で見たくないわよね。

川に入るへウォン
ちょっと!へウォン!モクへウォン!

[現実]ウンソプが家にいた。
叔母)カバン忘れてったの?

本屋に戻るへウォン
[スケート場]
甥)叔父さん。叔父さん!ねぇ何見てるの?叔父さんってば。本当に幽霊見えるの? 

ウンソプ父)まただよ家の前に全く、、
フィ)おかえり

ウンソプ父)おい、今日サッカーやるだろ?チキン食べるか?
フィ)チキンって、行ってきます。
ウンソプ父)どこ行くんだよー
フィ)読書会よ。行ってきまーす
TV)明日の朝は気温がマイナス20°まで下がり強い寒波がくる予想です。
スジョン)最近食べないのが流行りなわけ?ソンミ、チゲ作ったから食べる食べない好きにして。
天気予報を見て外にでる電気屋
[本屋]
ヒョンジ)山の中に老夫婦が暮らしてたんだけどある日怪我した鶴を助けたの、そして何日か後にある娘が訪ねてきて養女になると言ってきた。そして、、
フィ)それ知ってる。毎晩何かを織ってるじゃない。
スンホ)機織りじゃない?麻布でしょ?
ヒョンジ)毎晩麻糸で織りながら絶対に中を見ないでくださいと言う。
ジャンウ)それで?
ヒョンジ)最初は織った布を売って三人で幸せに暮らしてたんだけど、我慢出来ずに気になってしょうがなく隠れて部屋を覗いちゃったの。見た部屋ではいつか助けた鶴が自分のクチバシで羽根を抜いて布を織っていたの。そして、、
フィ)秘密がバレてしまった鶴は人間に幻滅したんでしょ。そのまま空へ飛び立ったの。終わり!
スジョン)あなた達そんな話よく知ってるわね。私もおぼろげなのに。
ヒョンジ)今日学校で習ったの。
スンホ)僕はおじいちゃんが話してくれたの。
フィ)私は気になる事があります。
ジャンウ)何が気になるんだ?
フィ)人はなんでするなって言われたらしたくなるんだろう?
ヒョンジ)あんただってそうじゃん。
フィ)ん?あたし?
ヒョンジ)今日だけでもキムヨンスに、、
フィ)あー知らない知らない!
みんな)キムヨンス?
スンホ)本当に、、どうしてなんですか?
ジャンウ)そうだな。見るなって言われたら見なきゃいいのに、するなって言われたらしなきゃいいのに、だよな。
ウンソプ)タブーは元々守るのが難しい方だから。
電気屋)そうだな。どこかに怪我した鶴1羽またいないかな。
スジョン)それじゃ、次は私の番かしら?
ジャンウ)はい、そうですね。
スジョン)ヨニと柳の若旦那の物語なんだけど、今日みたいに寒い真冬に継母がヨニに山菜を見つけて来いと追い出したの。でもいくら探してもこんな冬に山菜なんてなかったわ。
電気屋)それ、、僕も知ってる話みたいだ。
スジョン)それならクンサンさんが続きを話してください。
電気屋)僕がですか?はははは、、すると柳の若旦那に会ったではありませんか。その若旦那は洞窟へ行き山菜を見つけてくれて
フィ)なになに、なんかラブコメみたい。それで?2人はうまく行く?
電気屋)若旦那は死ぬんだ。
フィ)え?なんで?!
スジョン)継母が妬んで洞窟に探しに行って彼を殺してしまうの。
フィ)ホラーじゃない。それで終わりなの?そんな物語ある?
おじいちゃん)そしてヨニは花を探すんだ。見つけて薬を作るのさ。
電気屋)若旦那は結局生き返りヨニとずっと幸せに暮らしたという物語です。
フィ)あぁーびっくりした。この話はどんでん返しが多いわね。ハッピーエンドじゃないと思ってちょっとだけ寂しくなっちゃった。
ヒョンジ)ウンソプさんはどんな物語が好きですか?
ウンソプ)俺?
ヒョンジ)今日は言い伝えの話ですよね。どんなのが好きなんですか?
ウンソプ)んー俺は、、狼の銀色の眉毛の話。
フィ)へー面白そう。ウンソプ話してみて。

へウォン)また明日ね。
ウンソプ)うん。

ウンソプ)昔1人の少年が住んでいた。彼はいつも人々から傷つけられていた。彼が純粋だからという理由でいつも彼を騙したり裏切っていた。だがある日少年は山で1匹の狼に出会った。その狼が眉毛を1本抜いて言った。この銀色の眉毛を目の前に置き人々を見てみないか?人々の本当の姿が見えるはずだ。媚びる猿、狡猾な狐、悪どい豚、腹黒い狸。少年の世界の中に本当の人間はいなかった。だから彼は本当の人間が住む場所を探しこの場所を離れる事にした。
へウォン)そんな場所あったの?
ウンソプ)いや。
へウォン)なかったの?
ウンソプ)うん。なかった。どこにも。

叔母)ちょっと!モクへウォン!蛇口回してみて。出る?
へウォン)いや、、
叔母)これじゃダメね。もっと強いのないかしら。
へウォン)でも水道管凍った時って温かいタオルを巻くと良いって聞いたけど、、
叔母)水が出れば出来る話じゃない。あぁ、、もう修理会社呼ぼう。無理だわ。
へウォン)今夜中の2時よ。。誰がくんのよ。
へウォン)どう?
叔母)水道管凍ってるんだからつくはずないわ。
へウォン)じゃあどうするの?
叔母)マイナス17°Cよ、、頼むから、、ダメね、無理。行こう。とりあえずタクシー呼んで。
へウォン)ダメよ。犬は乗せてくれないわよ。
叔母)車借りよう。
へウォン)借りて?
叔母)市内のモーテルに行けばいいわ。
へウォン)モーテルは犬入れるわけ?
叔母)私は入れたわよ。
へウォン)ペンションとモーテルは違うでしょ。ちょっといったとこのゲストハウスはどう?
叔母)ダメよ。
へウォン)なんで?
叔母)うちの店を潰したペンションにあんたは行きたいの?
へウォン)そうね。
叔母)じゃあ誰かに電話してみて。
へウォン)私携帯ないの、、
叔母)どうしたのよ?
へウォン)捨てたわ、、
叔母)あー、、、はぁ、、
へウォン)何?嫌よ、叔母さんがしなよ。
叔母)バイトしてるんでしょ。
へウォン)まだそこまで仲良くないわよ、、
叔母)ほっほ〜
へウォン)ほっほ〜って何よ。姉さんがしてよ、お姉さんが。
叔母)はやくしなさいよ。
へウォン)お姉さんがしなよ。
叔母)寒いじゃないのよ。
へウォン)私もそうよ。

ウンソプにメール
叔母)あのさ家にいる?
飛び起きるウンソプ
叔母)家にいるならドア開けてくれない?

ウンソプ)とりあえず今日はここで寝てください。
叔母)ありがとう、世話になるわね。
ウンソプ)大丈夫ですよ、僕は実家に行けばいいんで。あ、1人はここで1人はここで眠ればいいと思います。
叔母)私がクンバンと部屋で寝るわ。ありがとうイムウンソプ
ウンソプ)新しい布団持ってくるよ。これくらいあれば足りるか?
へウォン)ふふ、うん。泊まらせてくれてありがとね。
ウンソプ)いやいや。ボイラー上げたから寒かったら言ってくれ。行くな。
へウォン)あ、待って。聞きたい事があるの。
ウンソプ)え? へウォン)今朝、、
ウンソプ)特に何の話もしなかった。
へウォン)え?
ウンソプ)何も言わずに帰ったよ。
へウォン)あぁ、、 ウンソプ)じゃあ、、
へウォン)早く行って寝て。
ウンソプ)おやすみ  へウォン)おやすみ

[学校回想]

学生)あの子が例の?そうよ、殺人者の、、怖いわね。転校してほしい。だよね。

靴に入ったケチャップをやった奴の頭につけて喧嘩になる。

祖母)すみません。。本当にすみません。私が年で何も出来ずに孫をちゃんと育てられませんでした。すみません、1度だけ許してください。
学生母)ちょっとおばあさん、許される問題じゃないですよ。顔に靴をつけられて!どうやったらこんな風に育つのよ!この顔どうしてくれるのよ!
祖母)へウォン、ねぇ、すぐ謝りなさい。申し訳ないって。
学生母)殺人者じゃない!母親が!当然よ
祖母)へウォン、、
へウォン)見てよ、おばあちゃん。いつもあんなよ。お母さんが殺人者だって。知らない事とか嘘とか罰を受けろって机に落書きして靴の中に果物入れたり私の体育着も隠して捨てて。
祖母)へウォン、、
へウォン)検事も判事も私に私が悪いって言わないのに死んだお父さんだって私が悪いって言わなかったのに、なんであの子達が何の資格があって私を非難して私に後ろ指差すのよ!おかしいと思わない?おばあちゃん。

[現実の翌朝]
叔母)バーナーで水道管を溶かせるってネットで見たけど、、そのかわりに火がついたって、、
へウォン)だから、、
叔母)悲劇はそれだけで終わらなかったわ。その時家にあった水道管が全部破裂し始めたのよ、バン、バン、バン!
へウォン)面白い?
叔母)つまり寒くて破裂するだけじゃないのよ。
このありえない水の漏れ方を見れば必ずしも寒いからだとは言えない。古くなったからよ、、私みたいに、、、へウォン、、全部破裂したわ。大切なものがあるとすれば今持ってきた方がいいわよ。
へウォン)叔母さんは全部持ってきたの?
叔母)特にないからこのまま脱出するわ。
へウォン)脱出?
叔母)そうよ、脱出。私は行くわ。スジョンホーリーランドへ。
へウォン)スジョンホーリーランドって、、
スジョン)へウォン、おはよう!シムミョンヨ早く乗って。
へウォン)スジョンおばさんの、、
叔母)暖かいからね。ボイラーずっとついてるから。
へウォン)え、私は?
叔母)自分の道は自分で探すべきじゃない?もう大人でしょ。
へウォン)え?
叔母)シュー!私は行くわ。愛する姪よ。
へウォン)叔母さん!
叔母)ちょっと、本当に、、頭が爆発しそうなくらい痛くても死にたいとか思ってたのに、ははははっ!まさかこんな事が起こるなんて、本当に良かったわ!!!もう全部無くなったから一生野宿しながら生きるわ。
へウォン)頭痛いの?
叔母)えぇ、おかしくなりそうなくらいね!
へウォン)痛くないって言ったじゃない!
叔母)嘘よ!じゃーね姪よ。出発!
へウォン)叔母さん!! 
スジョン)じゃあね、へウォン
へウォン)あ、はい、、叔母さんってば!本当に行くの?シムミョンヨ!!ちょっとホントに?!

電話でへウォン)はい、水道管が全部破裂してしまって。はい。1週間後ですか?それじゃ家が凍ってしまいませんか?わかりました。はい。
ウンソプ)どうなった?
へウォン)ヘチョン市内もひどいみたい。プッキョンリのホドハウスといいますが、、あぁ聞いたんですね。来られたりしますか?あぁ、、わかりました。はぁ、、、

フィ)れりごー!れりごー!!れりごーれりごーれりごー
村長)あらら、、 ウンソプ父)来たか。朝からこれ見てフィがあの曲歌ってんだよ。
村長)完全に凍っちゃってるな。
フィ)入って見てください。水がどどどーって漏れてるけど寒くて凍っちゃったの。ひゃー!アナ雪を実写で見られるなんて!私の大好きな映画のお城が目の前に現れるなんて信じられない!れりごー!れりごー!
ウンソプ父)修復可能なもんかな?
村長)業者が来てやれば又元に戻るんじゃないのか?
ウンソプ父)相当金かかるな。おい、お前うるさいぞ。
村長)ほっとけ。 フィ)れりごー!

ウンソプ)ダメなんだな、、?
へウォン)1番早く来ても5日後よ。それまであの家耐えられるかな、、、
ウンソプ)でもこれ以上悪くならない、、
フィ)聞いてよ!今村長さんが入って直すってパンパンしてたけどそこから又水が出てきちゃった。へウォンさん、もうここまで来たら写真でも撮らないと!今すぐよ!エルサの服はない?エルサ。それ来て撮るのが最高なんだけど。
へウォン)はぁ、、、でもウンソプ、これはやっぱり違うと思う。
ウンソプ)父さんもいいって言ってたよ。お前がここにいる間は実家に帰ればいいだけだから。
へウォン)フィがさ、昨夜あんたが来て自分が両親と一緒に寝たって、、
フィ)ちょっと!!イムウンソプ!来ないでよ!許さないから!!
ウンソプ)じゃあ俺が本屋の1階で寝るよ。ここはあったかくて快適だから。
へウォン)私が他に行けばいいわ。市内にモーテルあるじゃない。
ウンソプ)そっからここまでどうやって出勤すんだよ。
へウォン)バスに乗ればいいじゃない。
ウンソプ)1時間かかるって。往復なら2時間。
へウォン)じゃあ、、、ゲストハウスに、、そうね。ソウルに戻るべきね。
ウンソプ)なんだって?
へウォン)ソウルに部屋あるの。どっちみち春に帰るつもりだったし。それに叔母さんが仕事しろってうるさいし。逆によかったのかも。家も酷い有様だし。叔母さんも頭痛いって言ってるし、全部がソウルに戻れっていうサインかもしれない。ソウルに戻れば、、
ウンソプ)モクへウォン!落ち着け、その、、なんてことないさ。、
へウォン)ん?
ウンソプ)つまり、大したことじゃないって事だよ。
へウォン)じゃあ何?
ウンソプ)5日間だけここで過ごせばいいだけだ。そうすれば修理業者を呼ぶ事も出来るし少し修理すれば前みたいに過ごせるんだ。
へウォン)確かにそうなんだけど、、
ウンソプ)1階はあったかいって言っただろ。時々本整理してここで寝たりもするんだ。
へウォン)じゃあ私が1階で寝るわ。
ウンソプ)ダメだ、ここは寒いから。
へウォン)さっきあったかいって、、
ウンソプ)あったかいさ、けど、ソファーだと疲れるよ。
へウォン)さっき快適だって言ったじゃない。
ウンソプ)快適だよ、俺はそうだけどお前は違う。
へウォン)何よ、つまり寒くて快適じゃないって事じゃない。そこまでしなくても。ソウルに戻ればいいだけよ。
ウンソプ)わかった!俺も2階で寝るよ。
へウォン)え?
ウンソプ)部屋は2つあるから。どうだ?ん?
へウォン)えぇ、いいわ。5日間だけお願いするわ。
ウンソプ)いいよ。はぁ、、1日が長いな、、
へウォン)ホントね。 ウンソプ)うん、、

フィ)まったく。来たら許さないんだから。れりごーれりごー

[回想]
薬剤師)ところで叔母さん病院行ってみたかしら?
頭痛が本当に酷いみたいで。

へウォン)叔母さん頭痛いんだって?

叔母)頭が破裂しそうなくらい痛くて死にたかったのに、、ははは
へウォン)暖かい痛いの?
叔母)えぇ、おかしくなるくらい痛いわ!
へウォン)痛くないって言ったじゃない。
叔母)嘘よ!

凍ってる家に入るへウォン
ウンソプ)何を探すんだ?
へウォン)薬か処方箋
ウンソプ)なんで、、
へウォン)叔母さんが頭が破裂するくらい痛いみたいなんだけど死ぬ病気にかかってないか心配で。それに遺書とか内緒で書いてたりするかもしれないし。ついて来なくても良かったのに。
ウンソプ)真っ暗だからさ。
手紙を見つけたへウォン
ウンソプ)誰からだ?
へウォン)私のお母さんよ。行こう。

飲み物を渡すウンソプ)はい。一生悩みを言わない人達もいる。
へウォン)家族にさえも? 
ウンソプ)うん。辛いなら辛い、痛いなら痛い、そんな言葉をいつまでも心の中にしまって、下手したら死ぬまで。
心の中に自分だけの小屋を作って一生そこから出てこない人。寂しくても寂しいと言わず、寂しいのがむしろ良い人。家族よりいい人。お姉さんはそんな人じゃないかな。

[翌朝]
フィ)いひひひ
ヒョンジ)何してんの?なんで市内バスなんかに来てんの?
フィ)静かにして。今、妄想と空想と虚像の時間だから。
ヒョンジ)わぁストーカーね。
フィ)ダメよ笑っちゃ、こうやって考えて。苦悩にふけるのよ。そうよ、そう!私が好きな表情なのよ。
ヒョンジ)普通に話しかければ?
フィ)したわよ。でも相手にされなかった。だから戦略をたてなおすの。彼を知り己を知れば百戦殆からず。でも彼の情報が1つもないわ。情報が 話しかけるサインなんだけど。
ヒョンジ)前教えたじゃない、ソウル大学行きたがってるって。
フィ)あぁーそうだった。あんたそれ返金して。考えてみたら全校で1位なんだから当然ソウル大学行きたがるに決まってるわ。一番いい大学なんだから。もう少し新しい情報持ってきて。あぁーどうしよう。ここから動けない。こうやってもうちょっと。あ!動いた動いた!え、なんで私に挨拶するのかな?
ヨンス)早く来いよ。
フィ)え、なんで近づいてくるの?あ、私行くわね!
ヨンス)早く!
ヒョンジ)ちょっと!私達も乗らなきゃ、、一緒に行こうって、重い、、ちょっと!!

ウンソプ)市内に行くついでにスジョンおばさんのとこに行ってるか?ミョンヨ姉さんにも会いに。
へウォン)いや、いいわ。
ウンソプ)いや、その近所で俺がミーティングがあって。
へウォン)行ってきて。
ウンソプ)書店主達とでのミーティングだから2時間はかかるけど、、
へウォン)そう、、じゃあ近所のカフェで待ってるわ。
ウンソプ)そうか。 
へウォン)ねぇウンソプ。 ウンソプ)ん?
へウォン)凄く気になってる事があって。叔母さんの事を姉さん、スジョンさんの事はおばさんって呼ぶの?2人は同い年よ。
ウンソプ)それは、、、ミョンヨ姉さんが姉さんって言ってって、、、
へウォン)なんかごめん。。
ウンソプ)俺の携帯持ってろ。終わったら電話するから。
へウォン)うん。
ウンソプ)姉さんには、、
へウォン)秘密ね。ごめん。
ウンソプ)別に平気だよ。 へウォン)嘘。

[カフェ]
ウンソプの電話が鳴りとるへウォン
ウンソプ、
へウォン)ウンソプが今ミーティングに行っててお名前教えていただければ戻ったら伝えますが。もしもし?
へウォンなのね。へウォンと連絡したくてウンソプに電話したのよ、むしろ良かったわ。私はまだ誤解が解けてないって思ってるわ。いつ時間ある?一緒にお茶でもしたいんだけど。
へウォン)ねぇ最近とても寒いわボヨン。今度ね。天気が良くなったら会おう。
ボヨン)天気が良くなったら会おうって?
へウォン)うん。天気が良くなれば、、その時会おう。

天気予報)寒波と共にやってきた豪雪で飛行機と電車に遅延や運休が起き全国の数百の学校が休校になりました。今後も寒くなるようです。しばらくは強い寒波は続きそうですので外出はお控えください。保険福祉部は何分かで凍傷になる可能性もあり健康に留意するようにと警告しました。今週末は最大で15センチ積もる可能性があると伝えています。

へウォン)泣くな、寂しいから人間だ。泣くな、寂しいから人間だ。

[回想学校]
ウンソプ)水仙花へ、ジョンホスン。泣くな、寂しいのは人間だからだ。生きていく事は寂しさに耐えていく事だ。わけもなく来ない電話を待つな。葦(あし)の茂みで胸の黒い鴫(シギ)もお前を見ている。時々、神様も寂しくて涙を流す。
鳥達が木の枝に座っているのも寂しいからであり、あなたが水辺に座っているのも寂しいからである。山の影も寂しく1日に1度だけ村に降りてきた。鐘の音も寂しくて鳴り響かせる。

[現実]
へウォン)イムウンソプ!ウンソプ〜
フィ)なんで!
へウォン)びっくりした。
フィ)好きな子がいるんだけど、キムヨンスって子。私の事好きじゃないのよ。ひどいと思わない?私普通なのに。
へウォン)うん。
フィ)それに、学校で無視されてるの。とりあえず座ってくださいよ。
へウォン)それってどういう意味?
フィ)全校でのいじめ。学校のみんなは私の事嫌いなの。みんな嫌いだからあの子くらい私の事好きになるべきでしょ!
へウォン)なんでそうなるの?
フィ)当然な事じゃないですか?
へウォン)んー、でその子はなんであなたの事嫌いだって?
フィ)わかんないよ。いじめの理由さえもわかんないのに彼の理由なんてもっとわかんないよ。ねぇ、私どーしたらいいと思いますか?
へウォン)ウンソプって実家に行かなかった?
フィ)ウンソプ?わかんないな。いなかったけど。電話してみれば?
置いてった携帯をみてへウォン)どこ行ったのかな。
フィ)でもなんでお兄ちゃん探してるの?お金貸したとか?
へウォン)何も言わずにどっか行く奴じゃないのに
突然いなくなったから。
フィ)えー心配いらないよ。あいつがいる場所なんて、ここ、実家、スケート場、山、この他にないでしょ?
へウォン)山? 
フィ)そう。又行ってるわね。
へウォン)なんで山に行くの?
フィ)時々、行くんですよ、狂ったみたいに。
へウォン)どの山?
フィ)後ろの山よ。へウォン)ここの後ろ?
フィ)そう。 へウォン)そう。
フィ)あ、へウォンさん!まさか行くつもり?
へウォン)うん、なんで?
フィ)怖いもの知らずね。夜に迂闊に山入っちゃダメだよ。
へウォン)ウンソプは行ったでしょ?
フィ)あいつは生きた獣だから。私達みたいな人間は夜に山に入ると死ぬって言ってた。

[山の中]
ウンソプ)昔1人の少年が住んでいた。彼はいつも人々から傷つけられていた。彼が純粋だからという理由でいつも彼を騙したり裏切っていた。だから彼は本当の人間が住む場所を探しこの場所を離れる事にした。
へウォン)そんな場所あったの?
ウンソプ)いや。どこにも本当の人間は住んでいなくて少年は結局独りで寂しく暮らして死んだっていう話だ。

へウォン)入り口から500mくらい歩いたから戻って、、、
転びながら走るへウォン
何かにぶつかって叫ぶへウォン
ウンソプ)へウォン、なんでここにいるんだ?
[回想]
へウォン)とてもかわいそう。
ウンソプ)何が?
へウォン)狼の眉毛を持ち出した少年よ。寂しかったはずよ。とても酷く。その少年はどれくらい寒かったかな?
ウンソプ)そんな少年に何をしてあげられるかな?
へウォン)抱きしめてあげなきゃ。力強く。力の限り彼が温まるように、、抱きしめてあげるわ。

ウンソプに抱きつくへウォン


続きは動画をU-NEXT でチェックしよう♪



연이와 버들도령 ヨニと柳の葉(若旦那)
늑대 은빛 눈썹  狼の銀色の眉毛
鶴の恩返し、、
로코 ラブコメ
アナ雪 겨울왕국
四字熟語〜지피지기면 백전백승彼を知り己を知れば百戦殆からず(孫子の書 知彼知己,百战不殆)
전따; 전교 왕따 全校無視



本は難しい、、、、
posted by fuyune at 16:28 | Comment(0) | 韓国ドラマ | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

天気がよければ会いにゆきます 2話 和訳

날씨가 좋으면 찾아가겠어요 2회 

【キャスト】
パクミニョン/モクへウォン、ソカンジュン/イムウンソプ、ムンジョンヒ/シムミョンヨ、イジェウク/イジャンウ、イムセミ/キムボヨン、キムファニ/イムフィ



家でウンソプ)世界で一番長い歴史を持つ夜行性の秘密組織、おやすみ倶楽部会員の皆さん。皆さん寝てますかね?はぁ、、僕はですね、皆さん。
そこにノックがして出る
へウォン)あ、ごめん。ちょっと聞きたいことがあって。
ウンソプ)違うよ。
へウォン)え?なにが?
ウンソプ)さっきの事だよ。昔のことだよ。
へウォン)あ、もしかして私の事好きだって言ったこと。
ウンソプ)あぁ、過去の感情だ。
扉を思い切り閉めた…

[高校回想]
担任)うちのクラスに転校生が来た。名前はモクへウォンでソウルから来た。みんなわかってるよな?ここはいじめのない学校だ、みんな優しくしろよ。座りなさい。来週テストがあるだろ、1学期より5点以上あげよう、モクへウォンそこに座れ。

[現実]
ウンソプ)あのさ、何を言おうとしてたんだ?
へウォン)これ借りてもいいか聞きたくて。
ウンソプ)あぁ、、
へウォン)ごめん、大したことじゃなくて、、
ウンソプ)いや、貸してやるよ。
へウォン)うん。この中でどれが1番気に入ってるの?
ウンソプ)全部好きだよ。
へウォン)あぁ、そう、、じゃあこれで帰るね。
ウンソプ)あぁ。。
外に出るへウォン、後から来たウンソプ
ウンソプ)暗いから。

へウォン)送ってくれなくてもいいのに。
ウンソプ)一応さ。
へウォン)凄く近くない?
ウンソプ)でも凄く暗いから。さっき、、みんなと居た時に言った事、、気にしないで欲しい。
へウォン)気にするほどの事じゃないわ。
ウンソプ)他に適当に名前言えばよかったのに。帰る時に考えてたんだ。
へウォン)どうせ過去の事じゃない。でしょ?
ウンソプ)変わった。
へウォン)ん? ウンソプ)絵。
へウォン)あぁ、、これ?ヘナよ。寝れなくて描いたの。
ウンソプ)見てもいいか? へウォン)うん。
ウンソプ)柳の木だな。 へウォン)うん。
ウンソプ)こうゆうのどれくらいもつ?
へウォン)どうだろ?自分で消さなければ1週間位かな?
ウンソプ)へぇ、、かわいい。そうゆうのって痛くないのか?
へウォン)これ?痛いわ、すっごく。肌に焼きつけてるの。
ウンソプ)嘘だろ。からかってるだろ?

叔母)母さん、モクへウォン、ソウルに帰らないって。仕事辞めたってさ。失業者100万の時代に。
へウォン)もう。
叔母)あぁ、、贅沢ね。
へウォン)おばあちゃん、叔母さんタバコ吸ってるわ。
叔母)ちょっと。
へウォン)家は酷いしペンションは自分の勝手で閉業したって。それにいつもサングラスしてるんだけど意味がわからないわ。
叔母)ファッションよ。
へウォン)それにねおばあちゃん、叔母さんが何度も私に、、、
叔母)何よ。
へウォン)私に、、、

[へウォンが小さい時]
おばあちゃん)何してるのよ、鼻にそんなの入れるからよ、何泣いてるの、よしよし。

へウォン)おばあちゃん凄く会いたいよ。。

[現実、薬局]
へウォン)こんにちは、頭が凄く痛くて、、、
店員)頭がどんな風にどれくらい痛いんですか?
へウォン)割れるくらい朝から痛いです。
店員)これを飲めばいいですよ。
へウォン)はい。
店員)久しぶりに戻ってきたんですね。
へウォン)私の事知ってるんですか?
店員)もちろんよ。プッキョンリ(プクヒョンリ)のペンションのお孫さんでしょ。
へウォン)あぁ、、そうだ、ここにお子さんいましたよね?
店員)あぁ、あの子ね、今はいないわ。
へウォン)え?
店員)あの子はもういないし、情熱が燃える心の怒りがめらめらと爆発しそうな18歳のクォンヒュンジ、さぁね、、ヘチョン市内のどこかで遊んでるんじゃないかしら。
へウォン)ありがとうございます。
店員)その家の叔母さんは病院には行ったのかしら?頭痛が酷いみたいで。
へウォン)うちの叔母さんがですか?
店員)えぇ。そのくらいなら絶対に行かなきゃだめよ。それで倒れたらもうどうしようもないわ。
家に電話するへウォン
ジャンウ)モクへウォン、まだいたんだな。
へウォン)そうね。
ジャンウ)時間あるならコーヒーでもどうだ?
頷くへウォン
ジャンウ)コーヒーはここの市役所の自販機が1番うまいんだよ。
へウォン)市役所の職員になれなかったらどうするつもりだったの?
ジャンウ)まぁ、何かしてただろ。ソウルにはいつ戻るつもりなんだ?
へウォン)んーさぁ。
ジャンウ)今回はしばらくいるつもりなのか?
へウォン)多分、春まではね。
ジャンウ)そうだキムボヨン知ってるよな?
へウォン)ん?
ジャンウ)キムボヨン、学生の時仲良かったろ?違うのか?
へウォン)、、仲良かったわ。
ジャンウ)あいつがお前の事すげー気にしてたよ。あいつもあの日来るって言ってたのに来れなかったんだ。お前が来たの知ってすげー残念がってたよ。
へウォン)そう。
ジャンウ)またみんなで会おう、高校のみんなはまだここで暮らしてるから。お前みたいにソウルに行ったりしてる奴はほとんどいない。
へウォン)あなたもソウルの大学に行ってたじゃない。ソウル大学じゃなかったっけ?
ジャンウ)でも戻ってきたじゃないか。ヘチョン市の誇り高き公務員として。みんなで集まろう。あの日来なかった奴みんな呼んでやるから。歳とったら、昔の友達が最高だよ。俺の良い時を覚えてるだろ?友達だけで、、ちょっと待って。おい、へウォン今夜の予定は?
へウォン)今夜? ジャンウ)うん。
へウォン)うーん特に、、
ジャンウ)じゃあ、面白い所があるから一緒に行くか?

子供)あたしの靴下どこ?
母)知らないわよ、探したの?
子供)ないから聞いてるじゃん!
母)じゃあお母さんもわからないわ、ちゃんと探しなさい。お母さん今日重要な事あるって言ったでしょ。
子供)お母さん早く探してよ〜
[薬局]
母ちょっとクォンヒョンジ!行かないの?もう時間よ!もうあの子どこ行ったのよ。何持って逃げてんの?カイロ!!ちょっと!!誰にあげるつもり?!サプリも誰にあげたのかしら。

電気屋)これをみてください。この照明はですね、天井につけたら一生変えなくてもいいくらい本当に半永久的なものなんです。これは本当に素晴らしい物ですからお買い求めの際はご連絡ください。ちょっと急ぎの用事があって010押してくださいね!

孫)おじいちゃん!
祖父)あぁ、スンホか。電気消さなきゃ。
孫)あ、そうだ。
祖父)良い子だ。
孫)遅くなっちゃったよ、おじいちゃん。急いで行こう。今日は冬についての話だって。だから冬のお日様の本読んだよ。これ何?
祖父)ミカンだよ。炙ってるから全部美味しいよ。

ジャンウ)ここは、、お、フィ急げ。新しいメンバーモクへウォンだ。
妹)あ、お姉さんこんばんは!イムフィです。似てないけど彼の妹です。握手しよう!
へウォン)よろしく。
ジャンウ)俺は知っての通りイジャンウで、市役所の隠れざる宝石で輝かしい人材
妹)何言ってんだか。ねぇジャンウ、最近何笑わせようとするの。芸人になりたくなったの?
ヒョンジ)芸人に簡単になれるとでも?
妹)本当よね!
ジャンウ)おいウンソプ、一発殴ってももいいか?
ウンソプ)あぁ、そうしたらお前が殴られるぞ。
ジャンウ)だよな、俺がやられるよな。
スジョン)へウォン、私の事知ってるでしょ?スジョンおばさんよ。
へウォン)えぇ、
スジョン)本当久しぶりね!
ヒョンジ)私はクォンヒョンジです、18歳。
へウォン)あなたなのね、薬局の娘さん。
電気屋)私はペグンサンです。LED照明屋です、照明が壊れたり買い替える時はいつでも連絡ください!010...
スンホ)僕はスンホです、チョンスンホ。9歳です。あそこにいるのは僕のおじいちゃん。
フィ)こんにちは、股関節大丈夫ですか?前に痛めたって聞きました。
へウォン)ところでここに集まって何を、、
ジャンウ)凄く面白い事だよ。
へウォン)面白い事?
ウンソプ)じゃあ、新年初の読書会始めましょうか。
ジャンウ)拍手!

スジョン)人生は私にお酒の1杯も買ってくれなかった。冬の夜、袋小路の屋台ですっからかんの有り金をはたいて何度も人生へお酒を買ってきたが、人生は私の為にただの1度もお酒の1杯も買ってはくれなかった。雪が降った日でも突然花は音もなく咲いた。散る日も。チョンホスン、酒1杯。どうですか?
電気屋)のみたくなりますね。
ジャンウ)スジョン叔母さんの選ぶものはいつも狙ってるみたいにいい。じゃあ次は、、
フィ)あたし!準備してきました!冬に思い出すのを、、
ジャンウ)ダメだ、お前は次にまた準備しような。俺は新しいモクへウォンに冬について聞いてみたい。
スジョン叔母)いいわね。
へウォン)私?
ジャンウ)あぁ、冬に思い出すこと。
ウンソプ)へウォンは準備してきてないから、、
へウォン)ヘチョン湖にミゾレが降って落ちた。昨夜彼らが愛した時間は嘘のように溶けて消えた。Yは草原に残した彼を思った。どれだけ苦痛の中を彷徨えばその記憶をキレイに無くせるのか?愛した記憶がミゾレなら季節を間違え道に迷った人なら、悔やまなくてもいいから、どうか消えてなくなりますように。
物寂しい草原に幻滅が残った。過ぎ去りし愛は忘れ遠ざかる事は私もまたこの虚構の野原を越える事が出来たなら...

フィ)それは何ですか?
へウォン)シムミョンヨの空いている草原
スジョン)凄く素敵。
ジャンウ)みんなが知ってるかわからないけど、へウォンの叔母さんが書いた小説で、かつてとても有名だったベストセラー作家だったんだ。
スジョン)へウォン、よく覚えたわね。
電気屋)本当ですね。
スジョン)久しぶりに凄く感動したわ。
へウォン)ありがとうございます。
スンホ)おじいちゃんがミカンを炙ってくれました。
みんな)いただきまーす
フィ)なんでミカンを炙るの?
スンホ)おじいちゃんは元々何でも炙るんだ。そしら美味しくなるんだって。
へウォン)本当ね、美味しい匂いがするわ。
フィ)でもこのみかんについてる白いの何ていったかな?
電気屋)そんなのにも名前あるんですか?
ウンソプ)これは中果皮って言うんですよ。
フィ)お兄ちゃんは雑学王なんですよ。
ジャンウ)本当にどうでもいい事よく知ってるよな。
ヒョンジ)ジャンウさんはどうでもいい事すら知らないじゃないの。
ジャンウ)いや、上から落ちた事1度もないぞ!おいお前知ってるだろ?
フィ)知らないわよ。初めて聞いたわ。
ジャンウ)何言ってんだよ!学生の時トップ3だったぞ!知ってるだろ!

[帰り道]
電気屋)ところでお前の夢はなんだ?
フィ)一体何回目よ、、
ヒョンジ)私はラップをするけどオーディション番組には絶対出ないわ。有名になる計画だけど有名税はちょっと嫌ですね。みんなに共感されて人気のある歌詞を書きたいけどありふれた歌詞は書きたくない。
電気屋)どういう事だ?
フィ)つまり戯言よ。
ヒョンジ)なんて?!
電気屋)お前ら本当に仲良いのか?
ヒョンジ)見ればわかるでしょ。
電気屋)なのになんで一緒につるんでるんだ?
フィ)私が友達いないんですよ。
ヒョンジ)私が友達してあげてるんですよ。かわいそうなのみてられないから。
フィ)ちょっと!私はかわいそうじゃないわよ。
ヒョンジ)なら1人でご飯食べな。
フィ)それは無理ね。
電気屋)それじゃ、フィは帰ろうな。
フィ)はい、おやすみなさい、おじさん!
電気屋)お前はまだおじさんと一緒に帰るぞ。
ヒョンジ)じゃーね。
フィ)ふん!
電気屋)なぁヒョンジ。
ヒョンジ)なんですか?
電気屋)お前んとこの薬局さ。看板は大丈夫なのか?LEDに変えた方がいいんじゃないか?
ヒョンジ)おじさん、私に言わないで母さんに言ってよ。

[ウンソプ本屋]
ウンソプ)それも貸してやるよ。
へウォン)ほんとはね、、しばらく本読んでなかったの。
ウンソプ)なんで?
へウォン)うーん、、本って何かの話を書いてるじゃない。だからその中の人達が自分と葛藤するのが辛くて。自分が生きるだけでも忙しすぎるのに他の人達が辛いのまで気を使わなきゃいけないのかなって思ったの。
ウンソプ)そうも思えるな。
へウォン)でもね、今日は気になってきたの。
ウンソプ)良いことなのか?
頷くへウォン)特にこの詩集が。そうだ、柳の木に吹く風はまだ読んでる途中なんだけど急いで返すね。
ウンソプ)ゆっくり読めばいいよ。
へウォン)ジヨンが言ってたの、不思議だって。隣に住んでたのに親しくなかったのが。でも思い出したの。
ウンソプ)何を?
へウォン)あなたの記憶。
ウンソプ)俺の?
へウォン)学生の時の姿よ。ほんのわずかにだけど、、でも覚えてるわ。あなたは?

さっきの言葉を思い出すウンソプ
へウォンが転校してきた日の事
2010.9.13
ジャンウ)おいウンソプ家に帰るのか?おい!一緒に帰ろうって!おい!なんだよ?

ボヨン)へウォン!はやくはやく!
へウォン)うん。

先生)今日はここまで、次までに全部覚えてくる事〜
みんな)えー
先生)静かに。残り5分くらいだが、新しくきた転校生!チェロが上手だとか。聞かせてくれないか?
へウォン)今日チェロ持ってきてないんですけど、、

[叔母の家]
へウォン)叔母さん、頭痛いんだって?市内の薬局に行って聞いたわ、頭痛がするって。
叔母)みんなそうよ、作家なんてそんなもんよ。
へウォン)今は何も書いてないじゃない。
叔母)沢山書いて未だに痛いのよ。
へウォン)なら病院行きなよ。
叔母)行ったわ。
へウォン)なんて?
叔母)異常ないって。ところであんたはずっと遊んで暮らすつもり?
へウォン)ううん。
叔母)そう?良かった。来週ソウルに帰りなさい。
へウォン)いや、しばらくここでバイトでもしようかと思って。
叔母)は?
へウォン)探せば音楽のレッスンする人くらいいるでしょ?
叔母)いないわ。20年近くここで暮らしてるけど音楽のレッスンするなんて人見た事ないわ。ただの一度もね。ピアノならまだわかるけどチェロなんて。
へウォン)私ピアノも弾けるわよ。
叔母)あぁーそうですか。
へウォン)ダンスだって。
叔母)はいはい、、

ウンソプの本屋でアルバイトの募集してて行ったら、、
へウォン)スケートのしかた知らなきゃダメだったのね、、
ウンソプ)滑れるか?
首を振るへウォン)なら、、ピアノ弾く人は、、
ウンソプ)ん?ピアノ、、?
へウォン)なんでもない、行くね。
ウンソプ)あ、じゃあお前が本屋で働くか?
へウォン)え?
ウンソプ)俺がここで働くかわりに。
へウォン)なんで?
ウンソプ)え?俺は、、スケート出来るから。どうだ?特にすることはないよ。客はほとんど来ないから。
へウォン)じゃあどうやって暮らしてるの?
ウンソプ)ネットでも本売ってるんだ。これは今日送らなきゃダメなやつで。それとたまーに客もまぁ来るからさ。
へウォン)ここにちゃんといればいいってことよね?
ウンソプ)うん。 へウォン)わかったわ。
ウンソプ)じゃあ俺スケート場に行かなきゃ。気になる事があれば聞いてくれ。

眠くなったへウォンは声が聞こえて窓を開けて外にいる幸せそうなウンソプの家族を眺めるへウォン
ウンソプ)やぁ。
へウォン)今日初めてのお客さんだ。
ウンソプ)時々、誰も来ない時もあるよ。
へウォン)ふふ、時々?笑
ウンソプ)まぁ、だいたい毎日。笑。お疲れさん、もう帰っていいよ。
へウォン)じゃあ帰るね。
ジャンウ)おい!どこ行くんだ!これからが始まりだぞ。これ、、なんで俺ばっかり、、
この話だけは胃がもたれそうだ。大騒ぎだよ。ただ早く孫に会いたいだけのために早く結婚すれって。今の時代誰が30で結婚するんだ?20代だぞ、まだ27だ。
へウォン)でもジヨンが言ってたけど、ここら辺は結婚早くさせたがるって。
ジャンウ)そうだよ、それが問題だ。誰がそんな事言いふらしてんだ?誰だよ。お前の母親か?そうだろ?
ウンソプ)母さんは1日でも遅く結婚させたがってるよ。
ジャンウ)確かにお前の事死ぬほど愛してるもんな。愛しの我が子ってな。おい、1杯だけで終わるつもりか?俺の4缶は飲ませるぞ!
ウンソプ)わかったわかった!自分で飲むから。
ジャンウ)よくやった。なぁモクへウォン、学生の時一番気に障った奴は誰だ?俺はこいつだ。
なんてゆーか何をしても気になるっていうか。まさにこいつがそんな感じだった。
俺は両親の機嫌を取ろうと必死に生きてきたんだよ。あの時、、成績とか当たり前のように簡単に手に入れたように見えただろうけど、俺は夜中まで勉強してたんだからな。他の奴らに良く見えるようヘコヘコして。
へウォン)そうやって一生懸命したから結局トップ3になったんじゃない。
ジャンウ)その通りだ。そうやって一生懸命やってトップ3になったんだ。笑ってんのか?
ウンソプ)トップ3、、
ジャンウ)なんだよ、笑ったな!謝れ、こいつ!
ウンソプ)ごめん!
ジャンウ)そうだろ?ちっ。こいつめ。そうだこの前キムボヨンの話したよな。あいつが話があるって言ってたぞ。お前に誤解されてるからそれを解きたいとかって。
へウォン)あたし、本当に嫌いその言葉。誤解って。何が誤解なの?間違えたなら間違えた、ミスならミスだって謝ればいい事じゃない。
私には言い訳にしかとれないわ。
ジャンウ)どんな、、言い訳なんだ?
へウォン)私が悪くないって意味じゃない。自分は悪くなくて私が間違えて理解してるって。
私のコミュニケーション能力がなくて自分の言動を誤解してるって、最後まで他人のせいにするどうしようもない言い訳よ。
ジャンウ)おぉ、、気が強いな、、
へウォン)私は何を誤解したって言ってるのかわからないわ。誤解した事なんかないから。キムボヨンが悪くてそれについて何の謝罪もしなかったって私は思ってるから。
ジャンウ)うん、、、この気まずい雰囲気に合わせてちょうどタクシーがやってきました。感謝しなきゃ。へウォン、怒って怖いな、、俺帰るな、キムボヨンが電話番号教えてって言うからペンションの番号教えたんだ、、電話くるかもしれないから、、じゃーな!
ウンソプ)まだ何か言いたい事はないか?

[回想 学校]
キムボヨン)こんにちわ、私キムボヨン。よろしくね。
へウォン)私モクへウォンよ。
ボヨン)チェロ弾くんだって?
へウォン)うん。
ボヨン)わぁ、本当かっこいい。私本当に音楽出来ないから。いつか見せてくれない?チェロ弾いてるの1度も見た事ないの。
へウォン)えぇ。
ボヨン)どこに住んでるの?私は郵便局の近くに住んでるわ。
へウォン)私はホドゥハウスって言う、、
ボヨン)あ!私知ってるわ。凄く有名なとこよね。凄く綺麗なペンションじゃないの?それにそこのおばあちゃんの娘が小説書いてるとか、、凄く有名な小説家だとか、、その人がお母さんなの?
へウォン)いや、叔母さんよ。
ボヨン)かっこいいなー小説家の叔母さんもいて自分はチェロを弾けるなんて。私とは全然違うわね。
へウォン)何が違うの?
ボヨン)違うわよ。うちの家は餅を作ってるの。
へウォン)ペンションと何が違うの?
ボヨン)うわ、、純粋なのね。

体育の時間にストレッチで2人で組む時へウォンが1人のところにボヨンが一緒に組もうと声をかける。

雨の日
ボヨン)凄く降ってるわね。この傘使って。私は家近いから走れば平気。
走り出すボヨン
へウォン)キムボヨン、、ボヨン!!
ボヨン)へウォン、また明日ね!

ある日
女生徒A)あのモクへウォン?チェロ弾く子?
B)そうよ。ねぇ、なんでモクへウォンが叔母さんの家で住むか知ってる?
A)おばあちゃんと叔母さんと一緒に住んでるっめ聞いたけど。ペンションでしょ?さっきあっちにいたでしょ、探そう。
B)お母さんと一緒に住まないの変だと思わない?
A)事情があるんでしょ。
C)どこいっちゃったのかな携帯、あっちも探してくれない?
B)だからよ。事情が何か気にならない?
A)何か知ってるのね。何よ?どんな事情なの?
B)モクへウォンの母親、殺人者だって。
A.C)え?!
B)殺人者。旦那を殺したんだって。
C)へウォンのお父さん?本当に?ありえない。
B)そうよ、だからここに来てるみたいよ。母親が刑務所に入ったから。
C)嘘でしょ。怖い、作り話じゃないの?誰から聞いたの?
B)決まってるでしょ。
A.C)誰?誰よ?
B)キム、ボヨン
A.C)キムボヨン?どーりで、モクへウォン来るたびいつも沈んだ感じよね。
A)でも2人仲良くなかった?
B)そうよ、だから本当って事じゃない。
A)たしかに、怖い〜
B)鳥肌たつわ。
A)本当そう。殺人者の娘と同じクラスって事じゃない。
へウォンが誤って瓶を割ってしまってみんな叫んで逃げた。
そしてプール場に隠れて泣くへウォン

[現実]
へウォン)だから誤解って言葉はくだらない言葉って事よ。イムウンソプ、もう寝ちゃったの?
ウンソプ)、、ん?、、
へウォン)酔ったわね、ビール二缶で、、はぁ、、お酒本当飲めないのね。私行くわ。
ウンソプ)うん、俺酔ってないよ。
へウォン)へーどれどれ、酔ってるわよ。
ウンソプ)俺本当に酒弱いみたいだ。
へウォン)本当弱いわね。私よりもかなり。あ、雨だわ。んー、、私本当行くわね。
ウンソプ)お前が来て本当に嬉しいよ。アイリーン、、

[雨の朝]
へウォン)叔母さん、アイブロウペンシル持ってない?
叔母)あんた朝からどこ行くの?
へウォン)私?、、バイトよ。

へウォン)おはよう
ウンソプ)早く来たな。
へウォン)うん。朝早く目が覚めたから。
ウンソプ)コーヒー飲むか?
へウォン)うん。ありがとう。ねぇ、本当にお酒飲めないのね。
ウンソプ)あぁ、だろ。
へウォン)1缶ですぐ寝ちゃったわよ。
ウンソプ)寝る前は覚えてんだけどその後が、、思い出せなくて。
へウォン)よく寝てたけど、不眠症とか言ってなかった?
ウンソプ)うん。酒このまま飲もうかな。
へウォン)そうだ、こんな事も言ってたわ。
ウンソプ)どんな事?
へウォン)お前が来て本当に嬉しいよ、アイリーン
ウンソプ)え?
へウォン)お前が来て本当に嬉しいって。
ウンソプ)俺が?
へウォン)そうよ。なんだか切なく呼んでたわね。
ボヨン)元気だった?へウォン。会えて嬉しいわ。ボヨンよ。本当に久しぶりよね。


動画をU-NEXT チェックしよう♪

posted by fuyune at 14:07 | Comment(0) | 韓国ドラマ | 更新情報をチェックする
 
LINEスタンプ販売中
LINEクリエーター:
fuyunecom
韓国語メインで日本語、英語あります
【LINE STICKER スタンプ】
【冬音の歌】
http://www.tunecore.co.jp/artist?id=8020
Please donate to BTC  3BUSpPpCBdr3QLr1LBERPt4SfTd8nfaQTL   Thank You